映画 潜入者 ネタバレ

遺体なき殺人。切断された指のみ発見され運転手を殺害した容疑で資産家が逮捕された。 有罪を立証しようとする検事と無罪を主張する弁護士の激しい法廷劇が繰り広げられる! ミステリー作家B・S・バリンジャーの「歯と爪」を基にチョン・シク監督とキム・ウィ監督が映画化した韓国のスリラーサスペンス。. 映画 インファナルアフェア2 無間序曲 ネタバレ感想 犯罪組織もの、潜入捜査者としてもかなり上位に入る作品だと思う。個性的なキャラたちがそれぞれのバックボーンの中でテンヤワンヤする群像劇になってて、複雑に絡み合う人間関係の描写が物語に奥行きを加えているのだ。. 年に公開された、アメリカとフランスの合作映画「アサルト13 要塞警察」は、1976年に制作された映画「ジョン・カーペンターの要塞警察」をリメイクした作品です。. そう思ったデビッドは、先にジムを殺したのです。 しかしそうではありませんでした。ジムはふところに、バハマ行きのチケット2枚を所持していました。本当にジムはデビッドを誘って逃げようと思っていたのです。 絶望したデビッドはもうダイヤを盗む気もなくなり、ジムが詰めた宝石を金庫にすべて戻しました。作業をしながら泣きます。 いつからこんな悪い事態に陥ったのだろうと悔やみつつ作業を終えたデビッドは、女に覆面をつけると車で引き立てます。 時間はすでに朝になっていました。 あてもなく逃避行を開始したデビッドは、ひとけのない一本道で、2台の車にぴったりと寄せられます。 目の前を走っているMDB電気工事の車両の電話番号は、女の父のものと一致しました。それに気づいた瞬間、デビッドは前の車両から狙撃され、死にます。 後部座席に乗っていた女がデビッドの遺体をどかせると、ハンドルを握ってブレーキをかけました。. ある日ジムは同僚のバートから、頼まれごとをされます。 押収した証拠品は、一定期間が過ぎると競売にかけられます。 ハリス警部はその証拠品の芝刈り機を気に入っており、義理の息子のために落札したいと思っていました。 ジムはハリス警部に頼まれて競売が始まっている裏方に行き、事情を話してオークションから外してもらいます。 融通が利くといえば聞こえがよすぎで、要は小さな不正がはびこっているのです。それに、デビッドもジムも嫌気がさしていました。 競売物件の裏方に行ったとき、ジムがついでに物件を見て回っていると、同僚の男性にあることを聞きます。 それは、同じく競売物件として出される予定だったスポーツカーをメンテナンスしていると、エンジン部分にコカインが詰め込まれていたというのです。証拠品のコカインが競売に出されるためにメンテをするまで気づかれない. 映画 潜入者 ネタバレ 映画『レミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・感想 23,503件のビュー; 映画『ゲド戦記』のあらすじと感想|ネタバレあり 12,245件のビュー; 海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン1・第1話のあらすじと感想|ネタバレあり 6,907件のビュー. 潜入者|映画情報のぴあ映画生活 『潜入者』は年の映画。 『潜入者』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。.

【公開】 年(イギリス映画) 【監督・製作】 ブラッド・ファーマン 【キャスト】 ブライアン・クランストン、ダイアン・クルーガー、ジョン・レグイザモ、エイミー・ライアン、オリンピア・デュカキス、ベンジャミン・ブラット、ユール・バスケス、エレナ・アナヤグロ 【作品概要】 アメリカの麻薬捜査史上、もっとも大胆で、かつ成果を上げたと言われる潜入捜査に参加したロバート・メイザーが、作戦の実態を事細かに描いた回顧録を映画化。 主演はテレビシリーズ「ブレイキング・バッド」で知られ、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたブライアン・クランストン。. 残念!!!! 過去と現在を行き来する作りはよくあるがこの作品はなんでこんな作りにしたのかと疑問に思う。 「面倒くさい作り」としか思えない。行き来する制作にした意味すら分からない。 法廷の場面に戻っても一言検事が述べただけで過去に戻るし、それが特別な言葉でもない。描き方を変えれば普通に面白かったと思うだけに残念だ。それに「トリック」と大それたネームもちょっとね・・・。. . アメリカ・ネバダ州ラスベガス。 若い男性巡査部長デビッド・ウォーターズと、中年男性の警部補ジム・ストーンは警察官として勤務していました。 ところがラスベガス警察内部は腐敗しています。 ジムの父も元警官で、息子であるジムにもまっとうに仕事するように言います。 しかし実際に現場で作業をすると、嫌な面もたくさんみました。 たとえば. 映画『マスカレードホテル』のあらすじとネタバレ結末 本作品は、 様々な人物の価値観が複雑に表現された内容 になっています! 物語は、綾部(あやべ:濱田岳)がフロントにクレームを入れるシーンから始まります。.

。. この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。 私の評価 ★★★★★ 72 /100(60が平均) レビューサイト評価↑. 潜入者の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。アメリカの麻薬捜査史上、もっとも大胆で、かつ成果を上げたと言われる潜入. そう考えたジムは、大金を積んで保釈された男のことを調べ始めます。 同僚のデビッドも同じでした。退屈な警察の仕事にうんざりしています。 ジムはデビッドに声をかけ、麻薬の売人から金を奪おうと言いました。悪者から金を奪うわけだから、別にそう悪くないことだと2人は思います。 保釈された男性は、カジノのウェーターの仕事をしていました。デビッドは有給休暇を取って、男を見張ります。 潜入捜査をして調べると、洗濯物として詰め込まれた荷物がある場所に入りこみ、荷物がそこから一切出てこないことを突き止めます。 建築安全局の係官の女性を買収したジムは、監視カメラで確認しました。ディ. , Societe Nouvelle de Distribution, M6 All rights reserved. 1』のあらすじ・ネタバレ・感想; 年4月3日 映画『ピーターラビット』のあらすじ・ネタバレ・感想; 年5月16日 映画『マネー・ショート』のあらすじ・ネタバレ・感想; 年6月24日 映画『アイアンマン2』のあらすじ・ネタバレ・感想. ,7点メイザーとアルケイノの友情が何. 〔130日目〕 少年らを集めて、シェーファー教皇は歌の練習をさせていました。 その日は、ピノチェト大統領が視察に来る日です(注:クーデターが起きたため、大統領はアジェンデからピノチェトに代わった)。なので、特別に男女が会える日でもありました。 やってきたピノチェト大統領は、シェーファー教皇に武器の有無などを聞いていました。 毒ガスとしてサリンを開発しています。人体実験がまだだと知ると、ピノチェト大統領はしておけと言いました。 パレードの時、レナはようやくダニエルを見つけます。ダニエルの方も気付き、2人は人ごみにまぎれてこっそり手をつなぎます。 その時、レナはダニエルに「今夜、貯蔵庫で夜番なの」と言いました。 夜、ダニエルは警備を志願し「1度くらいなら」と許可されました。貯蔵庫でレナと会います。 ダニエルは何も理解できない振りを装って、あれこれ知識を得ていました。 たとえばコロニアには子どもがいるのですが、そうした子どもは、まれに男女に会う機会を与えて、子どもが生まれるとシェーファー教皇が奪っているのです。 貯蔵庫の藁の下に鉄板を見つけた2人は、そこに地下通路が広がっているのを見つけました。 ダニエルは早速、地下通路を探索してみます。 通路には照明がついていました。つまり使われているということです。 レナは女性の監視役・ギゼラに作業を切り上げるよう言われ、戻りました。ダニエルはその後も探索をしてみます。 無線類や機械類が置かれている部屋や、拘束部屋もありました。 拘束部屋は、ダニエルがかつてひどい拷問を受けた部屋でした。思い出したダニエルは怒りに任せて機械を壊します。 〔131日目〕 レナに対し、教皇へ会いに来いというアナウンスがありました。 レナが行くと時間が計測されており、「7分23秒。良心があれば5分で来られたはず」と言われます。 そこでレナはシェーファー教皇に、ウルセルの監視をして何かがあれば報告をしろと言われました。 レナは「接点がない」と答えました。事実、ウルセルは主に医療係なので、農作業をするレナと接点がないのです。 すると「手配する」と教皇が言い、事実そのとおりになりました。ウルセルはレナの手助けの役目に回されます。 その頃ダニエルは健康診断を受けており、結果を待ってサリンの毒ガス人体実験の検査に回される予定でした。ダニエルもそれを感じています。.

, Forecast Pictures S. 〝史実を題材にした物語〟 1973年、チリの首都・サンティアゴ。 この年には国を揺るがす大規模なデモが、たびたび発生していました。 サルバドール・アジェンデ大統領が社会主義的な政策を行なったので、アメリカ合衆国は反発していました。これにより、アジェンデ大統領を支持する大統領派と、それに反対する反政府派とが衝突します。 反政府派の代表として、ピノチェト将軍率いる軍隊がいました。クーデターまで時間の問題です。 ダニエル・リストは4か月前にチリに来たばかりの、若いドイツ人の男性です。ダニエルは大統領を支持しており、カメラを持っては撮影をし、大統領のイラストを描いたポスターを作ったりしていました。 ダニエルの恋人のレナ・コルトゥスは、スチュワーデス(客室乗務員、CAキャビン・アテンダント)をしています。 レナはあるとき、チリ行きの飛行機に乗りました。 ダニエルをおどろかせようと、内緒でやってきたレナは、街頭でダニエルを見かけます。 ロン毛のパイロット男性ローマン・ブロイアーや同僚女性たちと別れを告げ、4日後にまた会うことを約束したレナは、車を降りて恋人のダニエルのところへ向かいます。 ダニエルにくっついて集会に参加したレナは、ダニエルが住む下宿に泊まりました。 滞在3日目、朝に電話が鳴ります。 軍隊がクーデターを起こし、アジェンデ大統領支持派の人たちを逮捕していると聞いたダニエルは、レナを連れて逃げました。 ところが軍隊の騒動を見たダニエルはカメラのシャッターを切り、軍隊に撮影を見抜かれてしまいます。 カメラは取り上げられて落とされ、ダニエルは警棒で殴られました。レナも連れて行かれます。 サンティアゴ、チリ国立スタジアム。 片端から捕まった若者たちは、顔照会を受けます。外国人なのだと言っても、聞いてもらえません。 内部に通じている者が、捕らえられた者の顔を見て「大統領の運転手」「組合のリーダー」などというふうに、大統領派のメンバーを挙げていきました。 その男がダニエルを凝視すると「ポスターを描いた者だ」と言います。ダニエルは連行されていきました。レナはスタジアムに残されます。 大統領の運転手だった男は、スタジアムで見せしめのために射殺されました。 レナはダニエルの仲間に声をかけますが、仲間も自分の命が大事で身を隠すと言います。 レナは、ダニエルが連行された先が〝コロニ. 彼はかつて潜入捜査官だったが、強盗団を逃したことから失職していた。 アマゾンプライムビデオ内容紹介より引用. (C) Infiltrator Films Limited 『潜入者』で監督を務めたのは新鋭ブラッド・ファーマン。彼はマシュー・マコノヒー主演の『リンカーン弁護士』にて、その手腕を高く評価された俊英の監督。 公開は年5月13日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開されます。 ぜひ、犯罪実録物を熱く演じる名優ブライアン・クランストンを劇場にて、お見逃しなく!. ソクジンは電話に出ると「久しぶりマジシャンさん」と言われ呼び出されて車で向かいます。 記憶力いいマダムは最初からソクジンだと知っており「協力するからドジンを始末して」と言い銅板を差し出してきます。 ドジンの女に言われても信用できないと言い放つが「ドジンの女は1人だけ、ハヨンよ、銅板を持っていたのは彼の女であり預かっていただけ」と知らされます。 信じたくないソクジンは隠れるとドジンが「銅板はどこだ」とやってきました。 ドジンを愛していたマダムは「銅板を捨てて一緒に町を去るか命を落とすかどっちか選んで」と伝えるがドジンはさっさと銅板をだせと言います。 「私からドジンを奪ったのはハヨンだ、すべてあの女のせいだ」と喚くとドジンは「勘違いするな、愛したことなど一度もない、私の正体を知る人物だから消しただけだ」と言いました。 ソクジンは銃を持って邸宅で待ち構えソクジンと衝突します・・・ソクジンは頭を打って気を失いました。 現在・第六回公判 検事は通報者が見付かったと連絡を受け証言申請するとやってきたのはソクジンでした。 あの時のマジシャンだったのかと知ったドジンは動揺し「こいつはチェ・スンマンだ、指を確認しろ、お前が俺の命を狙ったんだろ」と訴えます。 ソクジンは手が義手でありマジシャンの練習中に事故で失ったと説明し執刀医の診断書とクラブ社長の供述調書を出しました。 検事は「なぜ、被告人はここにいるんですか」と聞きます。 「被告人の今の主張では被害者には激しい殺意があったのに気絶させただけで立ち去ったのか、そして今証人として現れた彼にそうさせることを何かしたんですか?」 傍聴席にいる全員が疑いの目でドジンを見ます。 判決公判、 「無期懲役、仮釈放を認めない、新たに発覚した3件の殺人、紙幣偽造、余罪については取り調べ後に裁判を勧める」 反民族行為者の調査に参加している検事は「また裁判で会いましょう、サイトウ元検事」と伝えました。 復讐が終わったソクジンは銅板を海に投げ捨てマジシャンとして復活し舞台に立ちました。 マダムからハヨンから受け取った手紙を渡されていたソクジンは燃えて消えてしまったので彼女の気持ちがどうだったのか分からないが自分が愛した事実は変わらないと受け止め永遠に忘れないと思うのです。.

. (C) Infiltrator Films Limited 1980年代、史上最大とも言われる犯罪帝国を築きあげた、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。 当時アメリカに流通するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていました。 その事態を重く捉えたアメリカ政府は、エスコバルの犯罪帝国を根絶やしにするため、息の根を止めるため、ベテラン捜査官のロバート・メイザーらによる作戦を実行させます。 架空の大富豪に仕立てあげたメイザーを組織に侵入させ、内部から組織崩壊させるという、あまりにも大胆不敵な潜入捜査だった. 戻ってくると女性が立っており、ジムが撃とうとしていました。デビッドは制止します。 デビッドは女性を洗面所の排水管に繋ぎました。作業を再開します。 作業があともう少しというところで、機械のベルトが切れました。ドリルは悪くなるかもしれないと考えて予備を購入していましたが、ベルトのことまでは考えていませんでした。 あともう少し、1cmにも満たない厚さなので、2人は焦ります。 デビッドはハンマーで割ろうとしますが、ジムが「案がある」と言います。 ジムは銃弾の火薬を集めてフィルムケース状の筒に入れ、コードを繋いで穴に入れて爆発させました。その瞬間は、デビッドが念のため外で見張ります。 作戦は成功し、穴が開きました。 デビッドは下の階に入ります。 金庫破りといっても、金庫自体は堅牢なので破るのは簡単ではありません。 2人が考えたのは「1人がダイヤル錠を回し、もう1人がそのダイヤル錠の裏を覗き、はまった時にそれを告げる」でした。 デビッドが1階でダイヤル錠を回し、ジムがスコープで覗いてタイミングを告げます。 金庫は1度でも開け方をミスすると自動ロックがかかるシステムでした。 2人は慎重に、時間をかけて作業をおこないます。イライラする気持ちを抑えながら、少しずつ作業をしました。 しかし作業をしながらも、デビッドは内心、ジムに恐れを抱いていました。2階の住人の男を射殺したことなどからも、金が絡むとジムは怖いと思います。 金庫が開きました。解錠番号を知っているのはデビッドです。 金庫の中は一面白い壁でした。壁には切れ込みが入っており、引き出しタイプになっています。 その引き出しすべてに、大粒のダイヤが綺麗に並べて保管されていました。ざっと見積もっただけでも、数百万ドル(約5億6000万円)ほどの値打ちがありそうです。 金庫を開けるのに成功した2人は、まず上階の片付けをしに行きました。そこで、洗面所に拘束している女性がデビッドに「家に3歳の息子がいるので、父に電話をさせてほしい」と言います。 女の要求をむげにできず、デビッドは自分のてのひらに電話番号を書かせ、自分が携帯のボタンを押して通話させます。. 6年前に炭鉱が閉鎖され、失業者が溢れる町コールド・ロック。 町の診療所で看護師を務めるジュリアは、望まれぬ子の分娩に立ち会い心を痛めますが、町にはそれ以上に恐ろしい出来事が蔓延していました。 この町では多くの子どもが失踪しており、少し目を離した瞬間にいなくなることから「トールマン」の仕業だと恐れられています。 言語に障害を抱えたジェニーは、トールマンを見たことがあると、ジュリアに伝え、トールマンを描いた絵を見たジュリアは驚いた顔をしました。 家に帰り、息子のデヴィッドと過ごすジュリア。 亡き夫と比較される毎日の中で、デヴィッドと過ごす時間はジュリアにとって癒しの時間でした。 夜、酒を飲んだことでリビングで寝てしまったジュリアは、同居しているクリスティーンがキッチンで縛られ、デヴィッドがいないことに気がつきます。 玄関に人影を見かけたジュリアは走って人影を追い、人影が乗り込んだトラックに乗り込みデヴィッドを奪い返そうとしますが逆に襲われトラックの中に乗せられてしまいます。 拘束を解除し人影に襲いかかるジュリアによってトラックは横転。 しかし、人影は無事であり、そのまデヴィッドを連れ去って行きました。 ジュリアは道路に横たわっているところを刑事のドッドに保護され、町の人が集うダイナーで保護されます。 ダイナーの店主に着替えをもらったジュリアは、ダイナーの控え室やダイナーにいる人間の行動に違和感を覚え、窓から逃走。 そのことを確認した保安官を始めとしたダイナーにいた人間たちは銃を取り、森に逃げたと思われるジュリアを追い始めました。 保安官はパトカーに乗り、何かを報告しに廃墟へ向かいます。 パトカー内に隠れていたジュリアは保安官が居なくなった隙に廃墟の中に潜入し、子どもを育てる環境の整った廃墟内でデヴィッドを発見しますが、直後に何者かに襲われてしまいます。. 映画『ストレイ・ドッグ』の感想です。前半パートはネタバレなし、後半パートからネタバレありの構成です。 原題:Destroyer 製作国:アメリカ(年) 日本公開日:年10月23日 監督:カリン・クサマ. その後、片付けをしていたデビッドは、2階の部屋にも隠し部屋があることに気づきました。クローゼットが2層になっており、奥には銃火器がたくさん詰められています。 さらにクローゼットの棚にも銃がたくさん入っていました。 ジムが女に質問しますが、女は知らないと言いました。女は麻薬依存症で、クスリにつられて部屋に来ただけなのだと訴えます。 自分たちだけではなく、真上の2階の部屋を取っていた男(先にジムに銃殺された男)たちも金庫を狙っていたのだと知ったデビッドは恐ろしくなり、やめようと言います。 しかしジムはもう逃げられないと言います(確かにそのとおり)。それよりも早く片付けて、早くこの場を立ち去ろうと言いました。 映画 潜入者 ネタバレ 「宝石を手に入れたらバハマ(カリブ海の島)へ行こう、2人で休暇を取ろう」とジムは言いますが、デビッドは疑心暗鬼に陥って、ジムが自分にすべての罪をなすりつけようとするのではないかと考えます。 1階におりたジムは、デビッドに金庫を開けろと要求しました。開けましたが、もうデビッドは宝石を盗む意欲を喪失しており、ジムがひとりで宝石を詰め込む作業をします。 最後に女を殺そうとしたジムをデビッドは撃ち、撃ち合いになった末にデビッドがジムを殺しました。顔を見られたことを理由に女を殺そうとするくらいだから、自分も殺される.

ネタバレ含み徹底解明!. ようやく見ました「The Infiltrator(原題)」 邦題は「潜入者」となりました。 日本公開は年5月13日です。 本作は実話に基づく麻薬潜入捜査官の話です。 年の作品。 所要時間は120分ちょっとで長めですが、全然長いと思わなかった。むしろもっと見ていたかった。 コロンビアの麻薬王. それが冷凍庫ではなく、金庫だとあたりをつけた2人は、金庫破りをすることを計画しました。 映画 潜入者 ネタバレ 金庫は厚さが90cmもあります。 ジムはドイツのケルンに電話をかけ、かたことのドイツ語で長さ50cmのダイヤモンド・ドリルを注文しました。 このドリルが高額で、ジムは自宅を担保にします。ジムはデビッドにも金を負担しろと言い、デビッドは腹を決めました。 「金庫破りのために高額のドリルを購入した」ことが引き金となりました。2人はなんとしても、金庫破りを成功させねばと思います。 最初は「金を奪えたらいい」程度の浅い欲望が、金庫破りのために金をかけたことで、「絶対に元は取り戻したい」という執着を生むことになったのです。 金が必要になったデビッドは、同僚の警官が金を店からもらっていた(店に買収されている)ことを知り、同行します。 アジア系の飲食店に抜き打ち検査をし、見逃してもらうために店側が包んだ金を、デビッドは受け取りました。直接金をもらうのではなく、ケーキの箱の下に札束が詰まっているのです。 映画 潜入者 ネタバレ ジムは銃の売人・ボボに接触して銃を購入し、証拠が残らないようボボを殺します。 準備が整いました。夜、2人でその金庫のある建物に行きます。 手筈はこうです。一室まるごと金庫なので「上階に忍び込み、上から金庫を掘っていく」というものです(さらに詳細は後述)。 映画 潜入者 ネタバレ 金庫の真上の階の住人が何者であろうが、この頃にはジムもデビッドもどうでもよくなっていました。 真上の階にピッキングして侵入すると、初老の男性と若い黒髪女性がいました。ジムは銃で脅して拘束します。 デビッドが金庫破りの道具を取りに車に行き部屋に戻って来ると、男性の方がジムに殺されていました。襲ってきたので撃ったと、ジムは言います。 浴室の浴槽に男の遺体を淹れ、女性はソファに放り出しました。 ジムとデビッドはスメタナの『モルダウ』をレコードでかけながら、ドリルで掘削を開始します。 厚みがあるので、ダイヤモンド・ドリルの1本目が駄目になりました。途中、軽食を取りつつ休憩します。 警備員のクリフが見回りに来ました。駐車している車両をチェックします。 デビッドは警察バッジを見せて偽名を名乗り、「張り込みをしている」と嘘をつきました。秘密捜査なので、内密にしてくれと言って追い払います。. 【ソルト】(映画) の続編はあるのでしょうか? ソルト2を見たくなるネタバレと評価について詳しく解説します。映画の見どころ、キャスト、スタッフについても説明。 ラストはソルトの逃走シーンで映画は終わります。当然ながらその続編が気になる終わり方をします。続編(ソルト2)の. 映画『ディパーテッド』あらすじ・ネタバレ 警察学校を卒業した ビリーコスティガン(レオナルドディカプリオ)はクイーナン警部(マーティンシーン)とディグナム巡査部長(マークウォルバーグ)に呼び出されます。. ネタバレ感想『コンフィデンスマンjp ロマンス編』考察や評価レビュー. 資産家ナム・トジンが運転手チェ・スンマン殺害容疑で逮捕されました。 通報を受けた警察は石造邸宅に向かうとバラバラになった遺体が地下室の火炉で焼かれたのだと気付くが切断された指を発見し現場にいたドジンを逮捕したのです。 映画 潜入者 ネタバレ 1948年、 第一回公判で検事は「遺体ないなら有罪判決なしと唱える者もいるが証拠ないなら有罪判決なしの間違いだ」と述べ現場で発見した指を証拠として提出しました。 弁護士は指を切っただけで殺人にはならない、確かな目撃情報や遺体、動機すらないと当然ながら訴えます。 第二回公判では下水道で血液、ボイラー室から採取した灰に多量の動物性タンパク質が検出された事を検事は伝えるが人間で最も多い血液型はAであり動物は人間だけではないと弁護士は反論します。 第三回公判では切断された指と免許証から検出された指紋が99%一致したため間違いなく被害者のものだと検事は証明しました。 第四回公判では銃弾が発見されその1つは火炉の中からだと証言を得ます。 第五回公判では事件前日にオカモトと名乗る人から電話があった事やチェ・スンマンが働かせて欲しいと押しかけてきたことなど証言を得ます。 そして最後、検事は被告人を証人申請しました。 なぜ知らない人を雇用したのか、以前から知っていて殺害するために雇ったんじゃないかと検事に聞かれたドジンはもともと運転手を雇うつもりだったと言います。 被告人は正当な事業や収入源を持っていないのにどうやって財産を得たのか、殺人の多くは怨恨か金銭関係が原因であるため検事は追及します。 ドジンが答えられないでいると検事は「財産の秘密を被害者が知っていたから雇って消したんだ」と言い放つが弁護士は「これは取り調べだ、休廷を」と訴えると裁判長は認めました。 弁護士は「契約があるかぎり私にとってあなたは無罪です。財産を整理し取引が必要になったとき備えてください。追加の弁護士費用を支払い願います」と伝えます。 ~ 2年前の1945年 ソウルにやってきた女性ハヨンは運転手に意地悪され荷物を返して貰えないところをイ・ソクジンに助けられます。下心ありそうなおじさんだと警戒するが彼はアブドラ・リーと名乗る渡りのマジシャンであり付け髭を取ると若かったので驚きます。 彼女は仕事がなく行き場がない事を知ったソクジンは寒い中ほっとく事ができないので古びたホテルの部屋を貸してあげまし.